上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事は locus に書いた ふたりはともだちのネタバレありの追記です。
ネタバレなしの状態から本を読みたい方は 上のリンクのlocus の記事をご利用ください。

ふたりはともだち
4579402472アーノルド・ローベル 三木 卓 文化出版局 1972-01売り上げランキング : 8,914おすすめ平均 starstarおてがみstar日本語版、いい!!star暖炉のそばで読んでみたいなAmazonで詳しく見る by G-Tools


 当初この本を購入したとき、私はがまくん、かえるくんの世界になかなか入ることができませんでした。
この本が本当に好きになったのは昨年から。息子が私に読み聞かせ?をしてくれてからです。 どうして最初にその面白さに気づかなかったのだろう。

今思えば 大変申し訳ないのですが、三木さんの訳の 語尾の「よ」も原因のひとつかと思っています。
たぶん、三木さんの訳は名訳で、もちろん私は三木さんのようにすばらしく訳することはできません。でも、たぶん人それぞれ住んでいる環境によって言葉は少しずつちがっていて、ふたりの会話から「仲のよい友達だ」と認識するまでに少し時間がかかったのだとおもいます。

この本の一番最初に収録された 「はるがきた」を例にとると

「おきなよ、はるがきたんだよ」
「でたらめ いってらあ」
 



これを、私が友達の語調にとれないからではないかとおもうのです。

英語が苦手な私でも読める。そんな本が ふたりはともだちの英語版です。(どうして英語を最初に習うときの教材がコレではなかったんだろうとつくづく思います。この本が教材だったらとてもおもしろかったのに。英語が苦手にならなかったかもしれない)

Frog and Toad Are Friends (I Can Read)
0064440206Arnold Lobel

Harpercollins Childrens Books 1970-08
売り上げランキング : 4,048

おすすめ平均 star
starおてがみ
star日本語版、いい!!
star暖炉のそばで読んでみたいな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
だから、こちらの Frog くんと Toadくんのほうがすんなり

"Toad,Toad,"shouted Frog,"wake up. It is spring!"
"Blah" said a voice from inside the house.



私だけかなあと思っていたところ、先日授業参観で「おてがみ」についての授業を見ました。
 
 授業で、がまくんがずいぶんと怒りっぽい性格に捕らえられているのにびっくり。

 「きみ、おきてさ、おてがみが くるのを もう ちょっとまって みたら いいと おもうな」
 「いやだよ。


というときの いやだよ。 は子どもたちが読むときにはすでに 吐き捨てるよに大きな声で、ほとんど怒り声。どんな気持ちだったでしょう?の先生のといかけに「怒りかけてる」というのもたくさんでました。 

 内心私は 「ほかの物語からしても、がまくんは、悶々としたり 不平を言ったりするけれども、そんなに怒りっぽい性格ではないとおもっていたなあ。」と。本の鑑賞は人それぞれだろうから、どれが間違っているということはないと思うのだけれど。

英語版では
 

"No," Said Todo,


とだけ。

 ネットでも良くあります。知らない同士が文だけで会話すると喧嘩になりやすいとか。 相手の文を過剰に受け取りすぎるから起こることも多いようです。まさにがまくん、誤解の危機!たしかに、息子たち 嫌なときに「いやだよ」なんていわないものなあ。なんというだろう。「やだ」かも。「やだよ」とよがついたときはかなり嫌がっているときのような気がする。これが 「いやだよ」となったらかなり本気で怒っているかも。
 
と。ここまで書いて、おっと!重大な欠陥に気づきました。。私はどちらかというと自分はガマくんに似ていると思っているから、ガマくんをよい人(ガマ)と思い込みすぎているかも。似ているとおもうとひいき目に見てしまうものだし。

この話を知り合いにしましたらクスリと笑って、「でも、やっぱりガマくんっておこりんぼだよね」ということでした。
やっぱり私のひいき目だったのかもしれません。

===
そうそう。英語版でおもしろくて好きなところは、ここ。
調子がわるくて寝ているかえるくんにがまくんが、

"Frog, you are looking quite green"


というと、かえるくんは 

"But I always look green,""I am a frog."


そうしてがまくんは

"Today you look very green even for a frog,"



ですって。 「それにしたって、きょうは とくに 青いよ」はぴったりの訳ですが、 even for a frog とfrog があることですごーくおもしろいような気がします。
Secret

TrackBackURL
→http://browneyes.blog28.fc2.com/tb.php/5-f70447f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。