FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事は locus に書いた なんでも屋 はじめますのネタバレありの追記です。
ネタバレなしの状態から本を読みたい方は 上のリンクのlocus の記事をご利用ください。

なんでも屋はじめます
なんでも屋はじめます正道 かほる フレーベル館 2001-05売り上げランキング : 209,339おすすめ平均 starstarふんわりした短編連作starなんでも屋はじめますAmazonで詳しく見る by G-Tools


山田詩子さんは、カレルチャペック紅茶店の店主。通販会社が企画した彼女デザインのグリーティングカードや食器などを買ったこともあります。とてもかわいくて、平和で、なんともいえない魅力のある絵をかかれます。
 彼女の記事(ベビカム)で スタイグの本が好きであることなどを知って、私もたまたま手にとったスタイグの本が好きだったからその後スタイグの本をたくさん探しました。そんな風に私が好きな山田詩子さんの絵が、残念なことにこの本にあっていないような気がするのです。

 というのも、この本。表紙の男の子を見て、てっきり小学生から中学生の子だと思ってしまったのです。物語の冒頭には車で旅に出るということが書いてあるのですが、免許証を取れない年齢の子どもでもお話の中では車で旅に出ることもありますものね。最初のバクの話しはなんとなく違和感を感じながらも読めたのですが、第2話の「ワンピースと古シャツと」を読んでから、どうにも違和感がきになりはじめました。そこではじめて、「主人公は男の子ではなくて若いお兄さんなんだな」と考えるとその違和感が消えることに気がつきました。

 つまり、主人公は子どもの視線からすると「大人と子どもの合間」にいる若いお兄さんなんじゃないだろうか。

各ページにちりばめられた、バク、いるか、カニ、くらげなどはいままでの山田詩子さんの印象通りのとてもかわいらしく夢があふれた絵だけに、山田さんの持ち味を生かしきれていないような気がして本当に残念でした。
 こんな風に感じるのは私だけかと思ったら、アマゾンのレビューにも絵のことを書かれている人がいて、私一人ではないんだな。と思いました。

 この本は物語と絵本の中間という感じのものです。良い絵本について、「絵と物語があっているか」というポイントがあるそうです。まさに、この本は 二つの才能がありながら生かしきれていないようにも思え、もう少し本の制作過程で練って欲しいと思いました。

もしかしたら、
こうさぎピピンのたんじょうび
こうさぎピピンのたんじょうびやまだ うたこ

偕成社 2003-10
売り上げランキング : 53,526

おすすめ平均 star
starたのしくなる絵本。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぶたのチェリーのおはなし
ぶたのチェリーのおはなしやまだ うたこ

偕成社 2002-09
売り上げランキング : 99,089

おすすめ平均 star
star女の子の大好きな絵本です
starおいしそう。
starあたたかい絵本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この2冊の方が山田詩子さんが好きな人にはオススメなのかもしれないなあと思いました。(私は双方未読です)
スポンサーサイト
この記事は locus に書いた へんてこもりのコドロボーのネタバレありの追記です。
ネタバレなしの状態から本を読みたい方は 上のリンクのlocus の記事をご利用ください。
へんてこもりのコドロボー
へんてこもりのコドロボーたかどの ほうこ 偕成社 1997-03売り上げランキング : 84,853おすすめ平均 starstarへんてこもりシリーズ、2作目も面白い!Amazonで詳しく見る by G-Tools


なんといっても、このへんてこもりシリーズ、出てくるキャラクターが奇想天外。毎回出てくる まるぼ もなかなかおかしなヤツで、まるで ちびまるこちゃんの空想に出てきてしまうのではないかと思うようなヤツなのですが、今回にコドロボーには虚をつかれました。

私はなんといっても最初に出てきた

それは、ばくでした。
でも、とても へんてこでした。というのは、するっとのびたはなさきを、ぎゅっとしばって、むすびめを ひとつ つくっていたからです。



ここで私は台所の40リットルゴミ袋の口をくるりと回してひとつむすびめを作った様子をバクに重ねて大笑い。

このバクの登場シーンはぜひ、声に出して読んで欲しいところ。ばかばかしさに大笑いすること保証します。ただ、とっても難しいと思うのですけれど、そこは2,3回練習すると良いでしょう。(で、人がここを声に出して読むところを想像してもうひと笑いできるというものです)

 たかどのほうこさんの頭の中が一度みてみたい。本当に奇想天外ワールドです。
これ以上この本について語ると全部書きたくなってしまうからやめておこう。

 ああ、でも、、、もうひとつ気に入ったところは松葉です。
この記事は locus に書いた ワーニー、パリへ行くのネタバレありの追記です。
ネタバレなしの状態から本を読みたい方は 上のリンクのlocus の記事をご利用ください。
ワーニー、パリへ行く
ワーニー、パリへ行くフレッド マルチェリーノ Fred Marcellino せな あいこ

評論社 2004-09
売り上げランキング : 603,524

おすすめ平均 star
star大人でも楽しい絵本です。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 爬虫類も結構好きなpon2。ワニのライルシリーズなどのフレンドリーでかわいいワニに慣れ親しんできたわけですが、このワーニーはちょっと大人向け。

 シーザーに歴史的な遺物と一緒にパリに運ばれてしまったワニ。エジプトでは神とあがめられ、パリでも最初は大切にされていたのだけれど。。。というお話です。

 小さな子どもにはちょっと難しいかな?という理由はラスト2ページのオチのページが、言葉は何も無く、絵だけで語られているところ。 「え?なんで絵だけで語られているのに難しいの?」と思われる方、百聞は一見にしかず。

因みにうちの息子はパラパラと読んで 「あれ?」と最初は気付かなかったみたい。 たぶん、読み飛ばした大人も気付かないかもね。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。